疲労は体臭のもと?

49b923803051cc78da39afc27641ff69_s

 

自分がどれだけの体臭を出しているか、気になりますよね。

体臭のひとつに、『疲労臭』というものがあります。

疲労やストレスなどによる肝機能の低下で、アンモニアがうまく解毒できず、
血中にアンモニアが流出して汗や皮膚からアンモニア臭がするようです。

また、過度の飲酒や便秘でもアンモニア臭がする場合があります。

汗や皮膚からツンとした強い臭いがした時は気をつけましょう。

この疲労臭を防ぐには、夜に湯船にゆっくりつかって血液の循環を良くしましょう。
疲れが取れてリラックスして寝られます。

就寝中、体内の疲労成分の乳酸とアンモニアが減少して、
疲労臭の原因が弱まった状態で朝を迎える事ができます。

疲労臭を防ぐには疲労をためない事が一番ですが、
なかなかそういうわけにはいきませんよね。

そういう時には食べ物からも防ぐ事ができます。

しじみやえのきに多く含まれるオルニチンという成分が、
疲労臭に効果があると言われています。

オルニチンには肝臓のアンモニアを解毒する機能を活性化する事で、
体から出されるアンモニアを低減する効果があると言われており、
すなわち疲労臭を低減する事ができます。

今は気軽にオルニチンを摂取できるインスタントのみそ汁などがあるので
意識して食べましょう。

また、えのきのようなきのこは天候に左右されない価格の安定した食べ物です。
健康の為にも意識してたべてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です